Pocket

MLBに関わる人は、選手や首脳陣はもちろん、球場スタッフやフロントスタッフもプロ集団です。
マイナーから実績を作ってのし上がってきた人もいれば、異業種で実績を残していた人物を採用することも多いようです。
アメリカは日本と違って、実力があれば中途採用だってたくさんあるわけです。
まあ、それはわかるのですが、MLDEでは同業者を雇うことよりも、異業種から人材を雇うことが多いようですね。

6358963416502001561063307830_mlb


画像: Odysseyより

異業種から人材を雇うメリット

日本球界も外部の良いものを取り入れるという姿勢が、ようやく出てきたように感じます。
異業種から人材を雇うわかりやすいメリットと言うのがこれですよね。
日本の場合は新しいことは「これは駄目」とすぐになってしまうわけですが・・・。

スポンサードリンク

MLBが異業種の実力者を雇う大きなメリットとして、その業界とのパイプを太くするということがあります。
そうすることでスポンサーになってもらうことができたりするからです。
異業種の有力者を雇うことのビジネス的なメリットと言うのは、かなり大きいというわけですね。

tss_staff


画像: MLB.comより

そもそもMLB球団は複数のオーナーが出資して球団運営をしています。
だからいろいろな業種とつながりがあったり、外部のものを取り入れやすい環境にあります。
そうしてみんなで協力してみんなで儲けるという文化があるわけですね。

スポンサードリンク