Pocket

日本でもそうなのですが、MLBではより報復が暗黙の良しとされています。
まあ、ケースバイケースというヤツではありますが・・・。
今日もロイヤルズ対オリオールズ戦で乱闘がありました。
YOUTUBEに公式動画がアップされたら、改めて記事にしますけど。
あれも昨日の試合での出来事が伏線になった乱闘です。

dm_160607_mlb_machado_venturafight
画像: espnより

仲間がやられたらやり返す

報復死球もケースバイケースです。
例えば、何かしらのマナー違反がきっかけで報復死球を与えることもあります。
その一方で、故意ではないアクシデントによる死球でも報復することだってあります。
今日の乱闘で言えば、あくまでもプレー中でのアクシデントがきっかけでした。(送球があり得ない形でランナーに当たった)

lvcuthbert8s-3-web
画像: nydailynewsより

しかし、ロイヤルズ側としては、不幸な事故とはいえチームメイトがやられてしまったわけです。
「チームは家族」という認識がありますし、四球を与えたベンチュラもロイヤルズのエース格としての責任みたいなものもあったのでしょう。
仲間がやられたのを黙って見ていられなかったのでしょうね。

スポンサードリンク

日本野球界にも故意死球はある

報復にもマナーがあって、相手が怪我をするような場所を狙ってぶつけるのはNGです。
今日もベンチュラは怪我をしないような場所を狙っていました。
まあ、それにしてもわざと死球を与えるのはいかがなものかという感覚はあると思いますが・・・。
MLBほどはっきりとしてないだけで、日本にも故意死球の文化はあります。
故意死球に対して報復すると言うはっきりとした文化がないので、外国人選手は乱闘に向かうことがあります。
昔の有名な乱闘というのは、結局は故意死球に対して怒っているものですからね。

bbl1106221426002-p2
画像: zakzakより

話がそれましたが、報復と言うのは、あくまでも仲間を守るための行為になります。
仲間のために報復してはじめて本当の意味でのチームメイトとして認められるという風潮すらあるようです。
例え事故でも家族が危害を加えられたら怒るのが一般的なの感覚ですよね。
チームは家族という感覚があるため、報復行為に走ることもあるってことですね。

スポンサードリンク

ヨーダノ・ベンチュラの動画まとめ