Pocket

今回紹介するのは高木大成と和田一浩です。

球界最高のファースト守備の高木大成

高木はベイスターズの駒田と並んで、球界最高の守備を誇っています。
ただ打撃が悪くはないのですが、強打者というわけでもアベレージが計算できるわけでもありません。
そこを考えるとトレード補強の選択肢としては低くなりますね。
西武でプレイする際も、層が厚いのでバックアップ要因になるケースもあるかと思います。
まあ、良い選手ではあるのですが。

20130722172352_nkfikgfo


画像:ハマスポより

意外と打ってくれる和田一浩

和田はまだブレイク前なのですが、なぜか135試合スキップしても3割20本ぐらい打ってくれる巧打者です。
西武でプレイするなら確実に戦力となるので、忘れずに起用した方がいいですね。
外野も3評価ですので、まあ守ることはできます。
レフトで起用して代走や守備固めに清水や河田を起用する感じでしょうか。
代打や捕手、DHでの起用もありですね。
西武はけっこう選手層が厚いので起用の幅も広がります。

19topics_wada


画像:朝日新聞デジタルより

たぶん和田はトレードでも比較的獲得しやすいはずです。
パには外野の強打者タイプが少ないので、トレード候補には入るかもしれませんが・・・。
かといって、どの球団もあえて獲得するほどでもないんですよね。
まあでも、西武でプレイする際には忘れずに起用したい選手です。

スポンサードリンク

ちなみに、ジンター、ポール、垣内はあまり良い印象はありません。
河田は俊足タイプなのでバックアップ要因として優秀です。

高木大成の動画まとめ