Pocket

先日、インディアンスのトレバー・バウアーが投げた高めの変化球ですが。
本人はボールと思った球がストライクコールされるという場面がありました!

まあこれ、厳密に言えばストライクなんですけど、日本でもボールをコールするような球かもしれません。

SONY DSC
SONY DSC

画像:日刊スポーツ

ストライクゾーンは変化する

というのも、高めから落ちる変化球というのは、打者のポイントで言えばボール球だったりするわけです。
バッターボックスの後ろに立っている打者ならともかく、ベースと平行ぐらいに立っている打者だとね。
そのような打者の打つポイントだと、高めから落ちる変化球はボール球になります。

AS20160118003013_comm
画像:朝日新聞デジタルより

このようなことから、ルール的にはストライクでも暗黙の了解としてボールをコールすることが一般的なのです。
かつての名カーブ投手が「高めから落ちるカーブをとってくれない」と不満のコメントを出していたそうですが、そういう約束事があるんですね。
‐それを選手が知らないのか、知っていてマスコミに不満を伝えたのかわからないけど‐
ルール通りにしないとうるさい印象がある日本野球界ですら、紳士協定によってルール通りの判定をしないところだってあるわけです。
野球のルールは細かいところで複雑だったりしますからねー。

OB-IX986_strasb_DV_20100617202413
画像: wsj.comより

ストライクゾーンと言うのはこのように状況に合わせて変化させるものなのですが、逆に言えばそれだけ不公平な部分が出来てしまうわけです。
だからストライク・ボールへの抗議は出来ないというルールになっているわけですね。
そして、ストライクゾーンは変化するもので、不公平なルールだからこそ現場の人間には紳士的な態度が求められるわけです。
選手が不満を表に出すことで、ファンとしても審判に不満が出て気持ちよく観戦ができないですしね。

スポンサードリンク

デレク・ロウのベストピッチ

これは別の意味で打とうにも打てないベストピッチです!

打者のカン・ジョンホがサッと引き返しているあたりも、よりベストピッチ感が増していますね!
もしここでカンが判定に不満を表したらスッキリとはしないですよね。
だから打者は不満を表に出さずに、紳士的な態度をとるべきというマナーがあるわけです。

スポンサードリンク

トレバー・バウアーの動画まとめ