Pocket

先日テレビで長嶋茂雄さんのインタビューをやっていたので見ていたのですが。
また、とんでもない発言をしていました!
それは「素振りは音が大切」という話での発言なのですが・・・。

AS20160504002121_comm
画像:朝日新聞デジタルより

音を聞き分ける長嶋茂雄

長嶋さんが素振りの際に音を大切にするというのは知られた話です。
ですが、その感覚があまりにも凄すぎます。
我々が素振りの音を聞けば「ブン!」とするだけです。
長嶋さんは素振りの「ブン!」という一瞬の音を、数か所から聞き分けているそうです。

040
画像:毎日新聞より

まあ、意味がわからないと思いますよ。笑
説明が難しいですが、どのみちインタビュー動画を見ても意味がわからないと思います。笑
長嶋さんは真っ暗な部屋で音に集中して素振りをしていたそうですが、精神統一にもほどがあります。

032
画像:毎日新聞より

仮に—がバットの軌道だとして。
——————————– (ブン!)
とりあえず振ったら「ブン!」って音が聞こえるじゃないですか。
長嶋さんの場合は
—-・—–・—–・—–・—–
例えばこの「・」の部分でも音を聞き分けているそうです。
「ブン!」って音のポイントがどこかってことじゃないですよ。
・の部分それぞれに音を聞き分けて、状態をチェックしているそうです。
一振りの一瞬にして「ポ・ポ・ポ・ポ」ってそれぞれのポイントで音を聞き、良い音か悪い音かを聞き分けるのです。
ここまでくると感覚の世界ですが、本当に凄いことですよね。
凄いことなのかどうかも理解できないほど、意味がわからない世界です。

スポンサードリンク

王さんがホームランを打つかどうかわかる

もう少し我々でもわかりやすいところで言えば「王さんがホームランを打つかどうか、ユニフォームのしわでわかる」というエピソードがあります。
要するに、状態の良いとき悪いときでは微妙に打撃フォームが変わります。
打撃フォームが微妙に変われば、ユニフォームにできるしわも変わってきます。
だから打席に立っている王さんのユニフォームのしわを見ることで状態の良し悪しが把握できるという話です。(たぶん)

20151224-OYT8I50117-L
画像:読売新聞より

まあ、これは我々に理解できるほどの違いかどうかはともかく、理屈としてはわかるじゃないですか。
一流のカメラマンなんかも、フォームの微妙な違いを把握して調子の良し悪しがわかったりするらしいです。

G20130505005742300_view
画像:スポニチより

しかし、素振りの音のエピソードは、まったくわからない感覚ですからね。
こういう話を聞くと本当に凄い人だなと思いますが。
こういうのを一流の選手と対談で話して、どういう反応をするのかが見てみたいですね。

スポンサードリンク

長嶋茂雄の動画まとめ