Pocket

今回はトレードおすすめ選手の番外編です。

球界最高の守備を誇る金子誠

セカンドとしては球界最高の守備で唯一7評価を誇るのが金子です。
守備重視のチームを作りたいなら選択肢に入る・・・と言いたいところですが。
セカンドで5と7の差は、サードやショートの5と7に比べると、差をほとんど感じません。
それにセはカープ以外、あえてセカンドを補強しなくてもいいですしね。
カープなら選択肢に入ると言ったところでしょうか。

AS20140927001846_comm


画像:朝日新聞デジタルより

俊足名手の井出竜也

井出は俊足で名手という特徴がありますが、打力がそこまで高いわけではありません。
また井出は右ですが、パには同レベルの交換要員で獲得できる左のリードオフタイプが揃っていますので、彼らを獲得する方が良いです。
左右のバランス的に右が欲しいというケースでも、西武の小関が左投手に強いタイプなので、井出と小関なら小関の方が打力も上でおすすめになります。
一芸に秀でているタイプなので紹介しましたが、あえて獲得する選手でもないかもしれません。

275px-HAWKS87-IDE


画像:ウィキペディアより

強打の左打者小笠原道大

最後に小笠原道大ですが、僕が日ハムでプレイしたときの活躍してくれなかったイメージが強いので、迷った挙句に番外枠に入れました。笑
99年にブレイクした小笠原ですが、能力も高く反映されているので、それなりの活躍をしてくれます。
同年にブレイクした松中よりも打ってくれる印象が強いですね。(少なくとも本塁打は)

TKY201105170326


画像:朝日新聞デジタルより

また小笠原は対戦する際に気を付けたい打者でもあります。
日ハムは小笠原、片岡、ウィルソンと左が続く打線なので、小笠原のところで左投手を投入したくなります。
だけど、小笠原は左投手に強いので手痛い一発を浴びてしまうこともあります。笑
対戦すると意外と厄介な打者なので気を付けたいですね。

スポンサードリンク

小笠原道大の動画まとめ