Pocket

今回は全員名手のオーダーを考えてみます。
名手の定義は能力6以上と考えます。
今回も西武で考えてみたというか、これは僕が実際に組んでいたオーダーです。

img_560abb33941a83177254227ffb003e468150
画像: numberより

2石井琢朗(西口とトレード)
3ダックマン
4立浪(伊東とトレード)
5進藤(中嶋とトレード)
6松井稼頭央
7清水
8小関
9大友
DH鈴木

他にも和田を捕手やレフト、高木大成を捕手やファーストで使ったりしていました。
まあ、捕手は名手どころか適性のない選手ですが、肩は強いので良しとします。笑

スポンサード リンク

このオーダーでの感想

まずセカンドは名手じゃなくても5あれば良いですね。
6以上だから捕れた打球なんて滅多にないです。
おそらく伊東を出せば横浜のローズが獲れるので、打撃を考えてもローズを獲得した方が良かったですね。

P2012040402865_roze-ns300
画像:日刊スポーツより

あと、サードが名手だとショートが名手じゃなくても問題ないですね。
ショートが名手だと三遊間の深い打球もアウトにしてくれます。
だけど、サードが名手だと三遊間の打球を処理してくれるので「ショートが名手だから良かった」というようなこともありませんでした。

jeter28
画像:朝日新聞デジタルより

あとサードが5の石井を使ったりもしました。
進藤の方がファールボールをアウトにしてくれることもあるので、守備範囲が広くて良いですが5でも問題ないです。
まあ、打撃を考えると進藤は獲得しなくても良かったかな、とも思いました。
結局捕手和田、サード石井のオーダーを使うことが多かったです。

スポンサードリンク

名手にこだわる必要はあまりない?

このときはマシンガン継投&リセットもかなりしたのですが、チーム防御率は0.5以下で過去最高を誇っていました。
ただまあ、ここまで野手の守備にこだわる必要はなさそうですね。
サードかショートに名手がいれば、一二塁はあまり守備にこだわらなくても良さそうです。
失点が減ったのも、左投手に強い打者に左を当てないようにしたり。
左打者に強い投手を左打者に当てることを意識したのが良かったという感じです。
あとはリセット効果ですね。笑

prm1510180001-p1
画像:産経新聞より

失点を防ぐためには連打されないように気を付けることと、三振が欲しい場面でしっかり三振が取れることが大切ですね。
三振は狙って取るのも難しいので、長打や連打を防いでランナー3塁の場面を作らないことが1番ですね。
そういえば、外野に名手を揃えていたからか、長打を打たれることは少なかった印象があります。
そしてソロホームランなら仕方がないと割り切ることも必要ですね。

スポンサード リンク