Pocket

今回はベイスターズでスキッププレイしたので、他球団のトレード候補になる選手を中心に成績をまとめてみます。

中日ドラゴンズ

関川 .362 11 77 .414
ゴメス .279 39 107 .376
山崎 .281 28 71 .362
立浪 .271 4 54 .356
前回の検証時もそうだったのですが、立浪は意外と打撃成績が低いですね・・・。

読売ジャイアンツ

高橋 .353 50 122 .382
松井 .344 36 97 .463
二岡 .350 39 107 .397
元木 .325 9 47 .393
仁志 .250 10 56 .310
清原 .252 36 91 .340
清水 .336 22 71 .375
元木と清水は出来すぎ感がありますね。
二岡も出来すぎとはいえ、30本は計算できる打力があるかもしれません。

ヤクルトスワローズ

ペタジーニ .251 27 75 .366
真中 .297 4 53 .340
スミス .250 34 83 .321
池山 .260 20 47 .320
飯田 .347 2 30 .399
飯田は92試合、池山は124試合での成績です。
スミスはパワーがありますね!

スポンサードリンク

広島カープ

前田 .315 25 109 .364
緒方 .316 30 94 .412
金本 .270 35 114 .365
江藤 .283 30 92 .394
野村 .310 14 60 .376
浅井 .304 12 52 .377
西山 .321 13 77 .397
西山が好成績を残していました!
浅井は前回も3割ぐらい打っていたと思います。
緒方は42盗塁も決めていましたが、好調ならパワーも発揮しますね。

阪神タイガース

坪井 .338 3 58 .404
ジョンソン .239 36 82 .350
新庄 .261 9 55 .310
和田 .310 5 47 .364
坪井が好成績を残す一方で、やはり新庄は物足りない成績ですね・・・。
ジョンソンはパワーが光ります。

西武ライオンズ

松井 .281 6 76 .332
大友 .292 2 44 .377
鈴木 .283 8 70 .398
小関 .261 3 37 .350
高木 .297 15 55 .377
松井、小関が低調で、鈴木も本塁打数が少なかったですね。

日本ハムファイターズ

小笠原 .319 19 69 .383
フランクリン .241 23 65 .324
田中 .266 23 60 .337
金子 .279 7 49 .360
ウィルソン .232 24 79 .286
片岡 .268 18 75 .382
小笠原は安定していましたね。
片岡はサードでこの成績は物足りないところです。

オリックスブルーウェーブ

藤井 .227 19 52 .363
イチロー .331 11 62 .415
ニール .227 19 64 .326
藤井はもう少しパワーが欲しいところですね。
ニールも117試合での成績とはいえ、物足りないです。

スポンサードリンク

ダイエーホークス

柴原 .287 2 68 .368
城島 .349 26 105 .390
小久保 .293 35 95 .387
松中 .282 14 64 .396
吉永 .296 24 90 .396
井口 .253 18 74 .327
村松 .310 1 31 .357

ホークスはぶっちぎりの優勝でした。
吉永、小久保、城島のクリーンナップが強力ですね。

近鉄バファローズ

大村 .293 6 47 .346
中村 .229 24 77 .328
クラーク .275 28 88 .360
ローズ .292 34 87 .393
中村は、やはり波がある印象ですね。

ロッテマリーンズ

小坂 .262 9 50 .344
大村 .262 28 70 .301
初芝 .317 38 106 .380
ボーリック .286 31 77 .377
福浦 .378 3 18 .431
大村が意外とパワーを発揮して、初芝も大活躍です。
福浦は89試合ですが好成績ですね!

スポンサードリンク