Pocket

僕がかつて阪神でプレイしたときのメンバーが印象に残っているので書いています。
当時はダックマンを使っていなかったし、守備にもこだわっていませんでした。

2ブロワーズ
3ジョンソン
4和田
5片岡(矢野とトレード)
6小坂(リベラとトレード)
7大豊
8新庄
9坪井

h-sh-060519-2


画像:日刊スポーツより

あともう1人トレード要員は忘れたけど、近鉄の真木を先発要員として獲得していました。
小坂を獲得したのは走れる選手が欲しかったから。
片岡を獲得したのは実際に阪神でプレーしていたからか、僕が阪神の前に日ハムでプレイしていて愛着があったからだと思います。

スポンサードリンク

このメンバーの思い出

悪い思い出としては、大豊の三振がとにかく多い!
この時に待球作戦はやっていたのですが、大豊のアウトは全部三振ぐらいの勢いで三振を量産していました。
このときのイメージが強すぎて大豊は対戦しても怖さを感じないですね。笑
あと上原に1-0で完封負けをしたことも思い出に残っています。
待球作戦で1点も取れないとは信じられないですね。

shi-060815-2


画像:日刊スポーツより

良い思い出はブロワーズとジョンソンは待球作戦と相性がよくて、四球を量産してくれました。
片岡よりも出塁率はよかったですね。
たしかブロワーズの方が出塁率は良かった記憶があります。
この2人はけっこう良かった印象があるので、パでプレイするときにトレードで獲得しても良いかなと思ったこともありますね。

スポンサードリンク

マシンガン継投のきっかけとなった阪神

阪神の先発は、藪、川尻、メイ、真木。
そして正確には覚えていないけど、山崎、船木、竹内あたりを3人1組で6回まで投げさせていました。
なんか、中込、湯舟を1人3イニングで6回まで投げるというのもやった気がします。
これはドカベンの3人で1試合を任せる「三位一体作戦」を真似したのがきっかけです。

ƒvƒ–ì‹…Eã_|L“‡^åM‚Ì“Š‹…


画像:日刊スポーツより

これがうまくいって防御率も良いし、投手の質をカバーできるし。
投手に代打を送ることが多くなるので、実質DHみたいな状態になるし。
かなり良い作戦だと思ったわけです。
これを極端にして、大きく2組に分け交互に投げさせるのがマシンガン継投ですね!
まあ、セだと極端なことはやりにくいのですが、パだとやりやすいです。
オリックス、ロッテ以外は投手の数も多いので、マシンガン継投がやりやすいですね。

スポンサードリンク