今回はトレードおすすめ選手の巨人選手番外編2です。

ファーストと外野が守れる強打の広澤克実

広澤に関してはおすすめ選手として名前を挙げてもいいかな、レベルですね。
同タイプの清原、石井がいるので、どうしても巨人だと代打中心の起用になりますけど、スタメンで起用しても活躍してくれるはずです。

1425534109_61


画像: 結城市公式ホームページより

さらにファーストと外野の守備評価が3です。
決して高くはないですけど、外野が守れるのは大きいです。
同タイプとしてはヤクルトの高橋智がいますが、右の強打の外野手としては広澤が1番なのかもしれません。
ただ強打の外野は需要が意外となく、優先度は低くなりますね。
でも好みで選ぶなら外野、ファースト、捕手、DHと使えるので清原や山崎より優先してもいいと思います。

スポンサードリンク

決め手に欠ける清水隆行

清水も良い選手なのですが決め手に欠けます。
守備が良いわけでも俊足タイプというわけでもありません。
たぶん、同程度の交換要員で真中が獲得できると思うのでそれなら俊足で名手の真中の方を選んじゃいます。
まあ、打力は清水の方が上なんですけどね。
でも、選球眼が良いわけではないので待球作戦と相性が悪いです。
そこも清水を選びにくい要因ですね。

news1509602


画像: 読売巨人軍公式サイトより

高橋由伸は追い込まれてから極端に弱い

そして高橋由伸ですが、守備評価も7で打力も良いので本来ならおすすめしたい選手ですが、どうもおすすめできないタイプの選手です。

sb20100705j1a


画像: The Japan Timesより

まず追い込まれてから極端に弱く、三振がとにかく多い印象です。
選球眼が良いわけではないので、松井のように四球が多くなるわけでもありません。
しかも、7月以降は調子がガクッと落ちてしまうので、そこもシーズンを通して使いにくい理由になっています。
主力クラスでここまで調子極端なのは高橋だけです。

sb20120818j1a


画像: The Japan Timesより

良い選手ではあるので好みで選ぶのはありですが、トレード要員も最高クラスの選手が必要ですので、意外とおすすめできないタイプですね。

スポンサードリンク

広澤克実の動画まとめ