外国人選手の多くのがアメリカより日本の方がストライクゾーンが広いと話します。
一般的にはアメリカ(MLB)の方が広いとされています。
ですが彼らによると「日本人より広くストライクを取られる」と言うのです。

外国人選手は差別されているのか?

昔であれば外国人選手への差別もありそうですよね。
実際に日米の差が大きかった時代というのはハンディとして(?)広く取られることはあったようです。
コーチにも「お前は強打者なんだから広くなるのは仕方ない」なんて言われた選手もいるようで。(リー兄弟のどちらか談)

shouwa_08-00


画像:時事ドットコムより

日本人は最高のプレーが見たいと言うより日本人のプレーが見たいと思う人が多いです。
だから日本人選手が活躍しやすい土壌を作るために、審判が上からの圧力を受けていた可能性は考えられます。
審判が勝手に広く取った可能性に関しては、わざわざトラブルの種をまくことは考えられないのであるとしたら上からの圧力です。

sb20100702n1a


画像: The Japan Timesより

近年でも現ベイスターズ監督のアレックス・ラミレスがストライクゾーンが広いと話していました。
昔だけでなく今も広く取られることがあるようですね。

捕手と審判のコミュニケーション?

また、外国人選手のストライクゾーンが広くなる理由に、捕手と審判の駆け引きが行われていることも挙げられます。

スポンサードリンク

例えば捕手が「次、勝負するのでしっかり見てください!」
とつぶやいて、ボールぎみのコースにボールが来た場合・・・。
審判は心理的にストライクをコールしてしまうことでしょう。
このように、日本語がわからないことをいいことに捕手が審判と駆け引きをしているケースもあるのです。

npb15010610000001-p1


画像:サンスポより

まあ、何にしても外国人選手はストライクゾーンが広いようなので、そのつもりで打席を見ると面白いかもしれませんね。

アレックス・ラミレスの動画まとめ