Pocket

甲子園に魔物が住むとはよく言われますが。
まあ、高校生が大舞台で普段通りのプレーができないのはわかります。
しかしメジャーリーグでもポストシーズンになると、毎年凡ミスがきっかけの敗戦が見られます・・・。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 名手レンドンのエラーがきっかけでカブス勝利!

ナショナルズは名手アンソニー・レンドンがエラーで先頭打者を出塁を許し・・・。
2アウトまでこぎつけるも、クリス・ブライアントアンソニー・リゾが連続タイムリーです。

No more no-no! No more scoreless tie!

cubsさん(@cubs)がシェアした投稿 –

ブライアントのタイムリーはこの日カブスの初ヒット。
ノーヒッターも打ち砕く一打だったようです。
ちなみに、セカンドのタイミングが微妙ですがチャレンジでセーフが確認されています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 名手レンドンのエラーがきっかけでカブス勝利!

守備でも見事なベアハンドプレーを見せているブライアント。

スポンサードリンク

スティーブン・ストラスバーグの10奪三振

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 名手レンドンのエラーがきっかけでカブス勝利!

この日は7回2失点も自責点はゼロ、10奪三振の好投を見せているスティーブン・ストラスバーグ
公式戦ならともかく、ポストシーズンは勝敗がすべてですからねー。

🔥🔥🔥🔥🔥 through 3️⃣

@nationalsがシェアした投稿 –

ストラスバーグには悔やまれる1戦となりました。

スポンサードリンク

クリス・ブライアントのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク