Pocket

史上最高投手との声もあるロジャー・クレメンス
彼はMLB記録となる1試合20奪三振を2度も記録しています。

こちらはブレイクシーズンの86年。
若すぎて誰かわかりませんが。笑
これが当時のMLB新記録です。

10年後の96年に2度目の1試合20奪三振。
現在ではケリー・ウッドランディ・ジョンソン、そしてマックス・シャーザーも20奪三振を記録しています。
ただクレメンスが1度目に達成した86年はまだまだ三振が少ない時代なので、相対的には1番凄い記録ともされていますね。

スポンサードリンク

ロジャー・クレメンスの2000年以降のベストゲーム

2000年以降はすでに全盛期は過ぎていますが。(サイ・ヤング賞2度受賞しているけど)
その中でもベストゲームと言われているのが00年のポストシーズン、マリナーズ戦のピッチングです。

15奪三振の1安打完封劇。
マリナーズと言えば貧打のイメージもありますが、当時はアレックス・ロドリゲスやエドガー・マルティネスらがいる強力打線です。
また00年と言えば、ワールドシリーズでピアッツァにバットを投げつけたことでも有名ですね・・・。

ny_g_clemens_sy_576
画像: espnより

薬物騒動など、なにかと残念なニュースも続きましたが。
何にしても彼が最強投手として残したインパクトは絶大です。
個人的にはボンズらとともに、いつか殿堂入りする日が来ればいいなと思っていますね。

スポンサードリンク

ロジャー・クレメンスのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク