Pocket

今回紹介するのは中日のレオ・ゴメスです。
セ・リーグの右の強打者ではゴメスが最強ですね。

対抗はロベルト・ペタジーニ

同程度の交換要員で獲得できる同タイプの選手は、左右の違いがありますがヤクルトのペタジーニです。
ゴメスはペタジーニよりも三振が少なく、サードを守ることができる点が上ですね。

9744-110Fr
画像: The Trading Card Databaseより

とはいえ、ゴメスはサードのレギュラーとして使うには守備力が低いです。
当時の中日といえば投手王国で守備も良いイメージがありますが、ダグアウト99では福留孝介と合わせて最弱の三遊間ですからね。
ですから、基本的には獲得してもDHか捕手での起用になります。
サードはたまに守るぐらいならいいのですが、フルに使うとなると、心許せないものがありますね。

9979-011Fr
画像: The Trading Card Databaseより

また、最高クラスの交換要員が求められるのでどうしても獲得しにくい選手になります。
それならば守れる横浜のローズや巨人の松井あたりを獲得しようか、となりますからね。
サードの守備が良ければ獲得しやすいのですが、打つだけになってしまうのでその辺が難しいところです。

スポンサードリンク

の動画まとめ