Pocket

今回はライオンズでダックマンを作るなら、というテーマで書いていきます。

最もバランスが良くプレイしやすい球団

個人的に最もプレイしやすい球団が西武です。
野手は層が厚く、投手も特に数が多いわけではありませんが、十分な質量を誇っています。
トレード要員の質もよく、投手に補強するのもありかもしれません。
補強ポイントはセカンドとDHに強打者が欲しいところですね。

スポンサードリンク

ファーストダックマンで考える

今回は僕が実際にやろうと思っていた、かなり思い切ったオーダーです。

2和田(清水)
3ダックマン
4ローズ(伊東とトレード)
5石井琢朗(西口とトレード)
6松井
7小関
8大友
9波留(中嶋とトレード)
DH鈴木

19topics_wada


画像:朝日新聞デジタルより

和田の能力は低いけど、意外と活躍してくれるので忘れずに起用したい選手です。
盗塁ができるケースでは清水を代走に出し、強肩の波留か大友を捕手に回すのがおすすめです。
また、高木大成をスタメンで使ったり、調子次第ではショート石井、サード鈴木など、とにかく豊富なオーダーが考えられます。

AS20150608000297_comm


画像:朝日新聞デジタルより

外野手の4人は能力的に差がほとんどありませんし、和田もレフトを守らせることができるので調子で選ぶといいですね。
そもそも、あえて波留を獲得する意味はないですしね。笑
セカンドの控えは高木浩之もいますが、原井和也の方をおすすめします。
使ってみると打力にほとんど差がなく、セカンドに加え外野も5の原井の方が守備面で上です。
とにかく層が厚いので、調子を見ながらいろんなオーダーを楽しめます。

スポンサードリンク

投手の起用方法

今回は西口を出しましたが、他にもいろんなオーダーパターンが考えられるので投手を出さずとも十分な補強が展開できます。
今回のように投手を出す場合、波留の獲得ではなく投手の補強に回してもいいですね。

AS20150923002485_comm


画像:朝日新聞デジタルより

また、前回の阪神編で紹介したようなパターンでローテを組むのもおすすめです。
パはDH制なのでセより投手起用のやりくりが楽です。
5人1組のローテを2組考えて、交互に投げさせるという方法もあります。
実際に僕がやった例を出すと長くなるので、今回は紹介をしませんが・・・。

025


画像:毎日新聞より

先発を引っ張るよりも、短いイニングを全力投球させる方が失点も減っておすすめです。
20球ぐらいを目処に交代させると、中1日でも十分に活躍してくれます。
疲れが見えるようなら、すぐに交代させてもいいですしね。
パはDH制なので本当に投手起用が楽になります。

016


画像:毎日新聞より

ちなみに、その起用法をすると誰も規定投球回数に達しないので、そこがやや不満です。
そこで僕は、3試合に1度松坂を3イニング投げさせ、135イニングの規定投球回数達成という起用法をしました。
7回からの3イニングでセーブも付くので、最多セーブも獲得できます。
中2日で3イニング登板になることも少なくないですが、松坂はスタミナもあるので、なんとか抑えてくれましたね。

020


画像:毎日新聞より

まあ、何にしても西武は1番プレイしやすい球団なんじゃないかと思います。
松井やペタジーニを獲得して強打のチームにすることも可能ですしね。

スポンサードリンク