Pocket

今回はホークスでダックマンを作るなら、というテーマで書いていきます。

層が厚くプレイしやすい球団

ホークスは投打に層が厚い球団です。
まあ、先発投手がやや弱いですが、投手陣全体で見ると数も比較的使える数も多いで、そこまで苦労はしません。
野手は補強が必要ないぐらいだし、先発投手の補強をしてもいいでしょう。
まあ、僕は野手補強をしていきますが、その際のキーポイントが工藤と城島を放出するかどうかです。

Kenji Johjima
画像: Fanpopより

サードダックマンで考える

工藤と城島を出せばセのどの選手も獲得できます。
まあ、巨人上原が獲れるかどうかぐらいのものでしょうね。
今回は2人とも放出して打線を強化します。

スポンサード リンク

2井口
3小久保
4浜名(柳田)
5ダックマン
6石井琢朗(工藤か城島とトレード)
7秋山(村松)
8松井(工藤か城島とトレード)
9柴原
DH吉永

2016022200107_1
画像: toyokeizaiより

柳田や村松の他にも松中、ニエベス、大道らがいるので控えの層はかなり厚いです。
セカンド、レフト、捕手、DHなどは調子次第でいろいろ変えていくのがいいですね。
村松より秋山の方が打力は上かな?と思って村松を代走守備固め要員にしましたが、村松スタメンでもいいですね。

スポンサードリンク

投手の起用方法

工藤をトレードに出すと寂しくなってしまうのですが、駒は揃っています。
篠原、岡本といったリリーフエースもいますしね。
6、7人ずつ2組作って1試合を任せる。
2組を1試合ごとに使うマシンガン継投でいけば、先発の層の薄さをカバーできます。
DH制なので回跨ぎもしやすいですからね。

AS20160118003013_comm
画像:朝日新聞デジタルより

またトレード枠が1つ残っているので、さらに野手を補強するのもいいですが、投手を1人加えるのもいいですね。
井口や吉永を出してもカバーできるだけの戦力があるので、彼らを出せば良い投手が獲得できるはずです。

スポンサード リンク