Pocket

今回はベイスターズでダックマンを作るなら、というテーマで書いていきます。

ベイスターズが1番難しい・・・

ベイスターズはダックマンの選択肢が最も多い球団になります。
僕は基本的に守備のメリットを考慮して、ショートかサードのダックマンをおすすめします。

P70800071
画像:野球新聞より

ベイスターズの内野手は駒田、ローズ、進藤、石井とガッチリ固まっています。
打力がやや物足りない駒田、進藤を控えにしてダックマンを据えるという選択肢もあります。
セカンドにダックマンでローズを捕手。
谷繁で小久保あたりを獲得して駒田、進藤と併用も良い選択肢です。
ショートダックマンで石井琢朗を捕手やサードで使う選択肢だってないわけでありません。
だからとにかくベイスターズのダックマンは好みの問題になりますね。
外野手にダックマンを使って鈴木、波留と外野を固める選択肢もありますし。

スポンサード リンク

外野手ダックマンでオーダーを考える

選ぶのが難しいので、僕が1度も作ったことのない外野手ダックマンオーダーで。

2小久保(谷繁と交換)
3駒田
4ローズ
5進藤
6石井琢朗
7鈴木尚典
8波留
9ダックマン

谷繁をトレード要員にすれば、たいていの選手は獲得できます。
調子によっては小久保をサードやファーストで起用して、ポゾ、佐伯あたりを捕手で起用するのもありです。

AS20150728004916_commL
画像:朝日新聞デジタルより

ベイスターズの難しいところは、主力はガッチリしているけど、けっして層が厚いチームではないことです。
投手陣も絶対数が少ないので、できれば佐々木もトレードに出したくないところです。
ダックマンを外野で使い、駒田、進藤もレギュラーで使うことでトレードを投手強化に回すことができます。
まあ、駒田と進藤も守備が最高レベルなのでレギュラーとして使える選手ですしね。
何にしてもオーダーを組むのが1番悩ましく、好みが反映されるチームです。

スポンサードリンク

佐々木もトレードに出すなら

佐々木を出してもいいなら、上記メンバーに近鉄ローズあたりを加えて強力な打線を組むことができます。
2ローズ(鈴木尚典)
3駒田(小久保)
4ローズ
5進藤(小久保)
6石井琢朗
7鈴木尚典(ローズ)
8波留
9ダックマン
こんな感じですかね。

T20150607201_1main
画像: 北國新聞社より

外国人枠でポゾが漏れるのがもったいないのであれば
2松井稼頭央(小久保)
3小久保(駒田)
4ローズ
5進藤(石井琢朗)
6石井琢朗(松井稼頭央)
7鈴木尚典
8波留
9ダックマン
というオーダーもありです。
こんな感じで、とにかく好みによっていろんなオーダーが考えられるのがベイスターズです。

G20141009009070890_view
画像:スポニチより

ちなみに、その他トレード要員としては捕手の秋元でオリックス平井投手あたりが獲得できたはずです。
そこそこの投手は獲得できるので、いろいろチャレンジしてみるといいですよ。