Pocket

ブログを運営していれば、いつか必ず気分の悪いコメントが来てしまいます。
百歩譲ってお客さんからのクレームならともかく、どこの誰かもわからないヤツから気分の悪いコメントが来ると落ち込むし腹も立ちます。
でも、腹を立てても仕方ないので、無視をするか受け流しましょう!
腹を立てる価値も、落ち込む価値もない相手ですので。

5838725509_3feef8b23c_b

ネットはバーチャル空間ではない

よく「ネットはバーチャル」なんて言われますが、別にバーチャル空間ではありません。
批判のコメントを送れば傷つく相手がいるということぐらいはわかります。
そこに頭が回らないということは、ちょっと精神的におかしい人なので無視をしましょう。

l201109111800

これは覚えておいて欲しいのですが、ネットと言うのは誰もが発言できる空間です。
つまり、普段は誰ともしゃべらないような人でも普通に発言が出来てしまうのです。
日常生活でストレスが溜まっていてネットで暴れまわっているのかもしれません。
あるいはコミュニケーションをとるのが苦手な人かもしれません。
何にしても、普通のコミュニケーションが取れない相手である可能性が高いです。
批判や誹謗中傷のコメントを送ってくる人というのは、あなたの身の回りにいるような人ではなく、存在しているかどうかもわからない人。
そのように考えるようにすると気も楽です。

7942728236_c2f9b5c8ae_b

例えば「つまんねーブログだな」みたいなコメントが来ると、落ち込んでブログを書く気になれないかもしれません。
まあ、もしかしたら本当につまらないブログかもしれませんよ。笑
それでも誰かに迷惑をかけているわけでもないですし、ブログを読んでくれている人もいるわけです。
ていうか、読んでくれているブログの読者さんのほとんどが何も言ってきません。
いわゆる「サイレントマジョリティ」ですので、わけのわからないその他のコメントを真に受ける必要もありません。
「みんなも面白くないと思っているのかな」って思いがちなのですが、実際にはそうではなく、褒めてもくれないのが普通なのです。
普通じゃない人が批判コメントを送ってきているだけで、普通の人はめったに称賛も批判もしてくれないものなのです。

スポンサードリンク

怒ったり言い返したりするな

ムカつくコメントには反論したりしたくなると思いますが無視をしましょう。
まあ、ブログ上でコメントの返信ぐらいはしてもいいですが「コメントありがとうございます。」に、可もなく不可もなくの一言を添える。
返信するにしても、それくらいにとどめておきましょう。

8123271259_ce6d3f54f1_b

例えば、あなたが幼稚園児に「馬鹿!アホ!」とか言われて言い返しはしませんよね。
せいぜい「親の顔が見てみたいな・・・」と呆れるぐらいのものでしょう。
例が適切かわかりませんが、幼稚園児に何を言っても無駄なのと同じで、不快なコメントを送ってくる相手に言い返しても無駄です。
相手はまともにコミュニケーションがとれる相手ではないので、適当に受け流しておけばいいのです。

l201208111800

落ち込まず通常運転で!

不快なコメントをもらうと落ち込むし「みんな同じように思っているのでは」という気にもなってくるかもしれません。
もしそのようなコメントをもらったら、まずは「こいつはそれを面と向かって言えるだろうか?」と考えてみましょう。
例え「つまらんブログ」程度のことでも、面と向かっては言えないですよね。
それこそ罵詈雑言なんて対面で言えるわけがないのです。
対面で言えないようなことをネット上で言ってくる人というのは、ちょっとおかしい人なので落ち込む必要はありません。

l201109220600

そりゃ、落ち込んだり嫌な気になるのは当然ですが、そういうことはブログを書いている人がみんな通る道なのです。
せっかく変なコメントが来るレベルまでブログを書くことができているのです。
多くの人は変なコメントが来る前に挫折するんですから、そこまで続いているのは凄いことなのです。
ですから、おかしな人からの無責任なコメントで挫折するのはもったいないので、気持ちを切り替えてブログの運営を続けましょう!

スポンサードリンク