Pocket

今回はファイターズでダックマンを作るなら、というテーマで書いていきます。

層の厚くプレイしやすい球団

ファイターズは野手の層が厚い球団ですね。
強力だけど、やや粗い打線なので安定感のある打者が欲しいところ。
投手も質はともかく量は豊富なので、特殊ローテを組みながらプレイするといいですね。


画像: MSN Japanより

サードダックマンで考える

日ハムのダックマンはサードかショートで守備を固めるのがいいですね。

2田中
3片岡
4金子(奈良原)
5ダックマン
6石井琢朗(岩本か金村とトレード)
7フランクリン(井出)
8緒方(岩本か金村とトレード)
9波留(野口とトレード)
DHウィルソン

DSC_7520b
画像: 芦屋学園より

かなり迷いながら書いております・・・。
セはパに比べると獲得しやすいリードオフタイプがいないので難しいですね。
石井や緒方が獲得できるかどうか、ちょっと自信がないですけど。
過去には野口で松井、岩本で前田という強打者を獲得したことはあります。
日ハムには奈良原や名手の本西もいて、控えが充実していますね。

スポンサードリンク

投手の起用法

岩本と金村をトレードという大胆なことをしていますが。
それでも20球ぐらいで交代するマシンガン継投の特殊ローテを組めば、戦える戦力は揃っています。
シュールストロムをトレードに出すのも良いのですが、日ハムで唯一の三振が取りやすいタイプなので残しました。

photo01l
画像: 時事ドットコムより

また、岩本や金村を出さなくても十分な打線ではあります。
僕はトレードで獲得した選手は毎日使いたいので、極力スタメン野手の獲得を優先しますが。
そこまでしなくても野口でリードオフタイプの外野手を補強して、小笠原や井出をスタメンで使えばそれで十分ですからね。
その辺も含め、いろんなオーダーが考えられるプレイしやすい球団の1つです。

スポンサード リンク