Pocket

マサカの世界衝撃事件でライアン・クラッターという、アメリカのストーカー犯の話をしていました。
内気な少年が自分に唯一優しく接してくれる少女に特別な感情を抱きストーカーになるというエピソード。
ストーカー行為が高校生の頃から逮捕されるまで11年間も続くという恐怖。

-shared-img-thumb-OY151013510174_TP_V

身近に起こりそうな事件

これは1996年から発生した出来事なので、言うほど昔ではないんですよね。
それから11年後と言うことは2007年ぐらいに逮捕されたってことかな?

-shared-img-thumb-PAK25_ookawakakurenbo_TP_V

内気な少年が優しくされて恋をするというのはわかりますけどね。
自分のことが好きなんじゃないかと勘違いするのも、まあわかります。
だからこそ、何かの拍子にストーカー行為に走ってしまうことが少なくないわけですね。

スポンサード リンク

ストーカーになるきっかけ

そのライアンという少年がストーカーになったきっかけは、少女が自分に気が付いてくれなかったことだそうです。
特別な存在だと思っていた自分が、特別ではなかったということで、一方的に裏切られた感覚になったということでしょう。
やっぱりストーカーって、何かしら感情の歪みがきっかけでなるものなんですかね。
単に好きで好きでしょうがないってだけじゃあ、ストーカーにはならないのか。

OY151013410154_TP_V

ネットストーカーは大勢いそう

それこそ、いまの時代だったらSNSを監視するようなネットストーカーがたくさんいそうですよね。
そのうち社会問題になるかもしれませんが、問題になるってことは大きな事件が発生したときでしょうからね・・・。
まあ、ネットに公開されている情報をこっそり監視するだけなら防ぎようがないので仕方ないにしても、そこからエスカレートするとなるとね。

-shared-img-thumb-OOK85_doragenai520150201192423_TP_V

そういえば、ネットでの誹謗中傷で逮捕って事件を聞くことはありますが。
そういうも嫌いなヤツが対象というわけではなく、ストーカーっぽい感じで起きているケースもあるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

将来のことも考えたネットの利用を願う

まあ、この時代ですからSNSを活用する人も多いわけですが、あまりプライベートな話題は出さない方がいいのかもしれませんね。
本人としては友達と繋がっている認識しかないんでしょうが、どこで誰が見ているかわからないわけですから。
こういう問題は学校で教育したところでなんとかなる問題でもないでしょうし、難しいところですね。

-shared-img-thumb-PPS_kuro-ba-nouenokoibito_TP_V

まあ、ストーカーとは言わずとも、未来の旦那が見るかもしれないし。笑
それこそ、子供が見ちゃうような時が来る可能性だって普通にありますからね。
将来的なリスクって絶対にあります。
そういうことって言われてもわからないので、自分で気が付くしかないと思いますが。
本当にネットの利用は気を付けないと将来的に怖い思いまではしなくても、後悔してしまう可能性は十分にあります。

スポンサード リンク

アメリカではストーカーにGPS装着義務

最後に話をアメリカのストーカーに戻しますが。
アメリカの州によっては、ストーカーなど一部の性犯罪者が出所する際にはGPSの装着が義務付けられているそうです。

-shared-img-thumb-OY151013341103_TP_V

日本でもネットでは導入しろという声が大きいようですね。
実際のところは社会復帰の観点から難しい面もあるんでしょう。
まあ、性依存症という病気もあるらしいので、治療方があるなら治療をさせるとかするのが良いんでしょうね。