Pocket

印象的に残っているオーダーで言えば日ハムがあります。
しかし、このオーダーは失敗に終わりました。

構想オーダー
2ウィルソン(小笠原)
3田中(小笠原)
4金子(奈良原)
5片岡
6ダックマン
7前田(野口とトレード)
8緒方(金村とトレード)
9松井(岩本とトレード)
DHフランクリン

photo_09


画像:朝日新聞デジタルより

小笠原や奈良原といった強力な控え選手の存在が大きいです。
さらにウィルソンが出塁して盗塁ができる場面なら即代走井出。
その後、松井を捕手にして井出は守備固めという構想でした。

スポンサードリンク

緒方が獲得できなかった

このオーダーの失敗点は緒方が獲得できなかったことです。
前田と松井は獲得できたのですが、その後どうしても緒方が獲得できませんでした。
事前調査では金村で緒方が獲得できたのですが、なんどチャレンジしても獲得できません。
で、挫折したわけですが。

001


画像:毎日新聞より

もしかしたらトレードと言うのは何かしら発生条件があるのかもしれませんね。
今回で言えば主力3人は獲得できないとかあるのかもしれないし。
移動日には発生しないとか、負けた後にしか発生しないとか、なにかしらの発生条件がある可能性もあります。

スポンサードリンク

その他プレイしての感想

金村はトレードに出すつもりだったので、投げさせることはしませんでした。
岩本、金本の2人を出すと投手陣の層はかなり薄くなりますけど・・・。
幸い、日ハムは投手の数は少なくないので、マシンガン継投でなんとかやりくりしました。
三振が欲しい場面でのシュールストロムがよく活躍してくれたのを覚えています。
あと、悪い点では左腕の古溝の安定感がなかったですね。

野手の方は、小笠原がとにかく打ってくれなかった!
トレードで獲得した松井も、高出塁率だったけど、打率も低いし、ホームランも少なかったですね。
松井は三振が多い選手なので、待球作戦とは相性が悪いのかもしれません。
その一方で前田はポイントゲッターとして、大活躍してくれました!
あとは、田中が思ったよりも安定して打ってくれた記憶があります。

Tsutomu_Iwamoto


画像:ウィキペディアより

日ハムは控えの奈良原のお陰で層も厚く、プレイしやすい球団です。
やや粗い打線なので、巧打者が欲しいところですね。
投手陣はマシガン継投で成績上は問題なくても、イマイチ信頼しきれない布陣なので、そこの補強もしたいところではありますが。
まあでも、日ハムはプレイしやすい球団の1つですね。

スポンサードリンク