エンジェルス時代はMLB屈指のユーティリティープレーヤーだったショーン・フィギンズ
10年マリナーズ移籍後はイチロー選手と球界屈指の1、2番として期待されましたが・・・。
まさかの大不振でマリナーズ低迷の戦犯の1人となってしまいました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ショーン・フィギンズが1試合6安打!最後はサヨナラヒット

こちらは07年の1試合6安打、最後はサヨナラヒットと大活躍のフィギンズ。
同年は.330の高打率を残しています。
そして翌08年ヤンキース戦でマリアノ・リベラからサヨナラヒット。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ショーン・フィギンズが1試合6安打!最後はサヨナラヒット

これセカンドのカノは何をしているのかな?笑
同年は契約延長後、怠慢プレーで批判も多かったカノです。
まあ、翌年以降はしっかりと結果を残してMLB最高のセカンドになりましたけど。
フィギンズはマリナーズ移籍時32歳ということで、急激な衰えが来たのかな?
マリナーズが獲得した打者が打てなくなるのは珍しくなかったのですが、それにしてもフィギンズは極端でしたね。

スポンサードリンク

ショーン・フィギンズのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク