ここまでのポストシーズンでは相手を寄せ付けなかったドジャースのリリーフ陣。
マエケンのリリーフ起用もあって日本でも話題になっていますが。

King of the Hill. #WorldSeries

Los Angeles Dodgersさん(@dodgers)がシェアした投稿 –

この日は先発のリッチ・ヒルを4回で降板と早め早めの継投。
マエケンがポストシーズン初ヒットを打たれる場面もありましたが、7、6、7をゼロに抑えるリレー。
しかし8回にブランドン・モローがいきなり二塁打を打たれて降板すると、ケンリー・ジャンセンも打たれてしまいました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ケンリー・ジャンセンが打たれる。ドジャース鉄壁のリリーフ陣が崩れる

まあ、このカルロス・コレアのヒットは仕方ないとして・・・。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ケンリー・ジャンセンが打たれる。ドジャース鉄壁のリリーフ陣が崩れる

9回にはマーウィン・ゴンザレスに同点ホームランです。
まあ、別に必ずしもジャンセンが悪いというわけでもないと思いますが・・・。
ここまで完璧すぎたリリーフ陣のツケが回ってきた感じかな?

Shut it down, Big Man! #WorldSeries #ThisTeam | 📷: @jon.soohoo

Los Angeles Dodgersさん(@dodgers)がシェアした投稿 –

今回ばかりは早めで小刻みな継投が裏目に出てしまいました。
これが今後の継投策に影響するかどうか・・・。
一方のアストロズも勝ったとはいえ、不安視されたリリーフ陣が案の定不安定でした。
リリーフ陣がキーになりそうなワールドシリーズです。

スポンサードリンク

ケンリー・ジャンセンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク