Pocket

日本野球界は大谷翔平投手の二刀流が近年最大の話題になっています。
MLBでも今シーズンはカブスのトラビス・ウッドが外野手と投手の二刀流をやっています。
投手→外野→投手なんてやっている割には話題になっていませんが。


画像: trueviralnewsより

また、こちらは二刀流というわけではありませんが、アスレチックスのケンドール・グレーブマンが4番に座る珍事もありました。
先発投手が4番を打つのはベーブ・ルース以来のことだそうです。
ちなみにこれは4番サードだったダニー・バレンシアが負傷退場。
DHを解除してジェド・ラウリーを守備に就かせたため、グレーブマンが4番を打つことになりました。

グレーブマンは堂々とした体格ではありますね!
しかし、チャンスで打席が回ってくるも3球三振でした・・・。
とはいえグレーブマンは本業の方でフルシーズンローテを守り、ブレイクシーズンとなりました!
この調子で来シーズンも引き続き活躍を期待したいところですね。

スポンサードリンク

ケンドール・グレーブマンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク