Pocket

今回はカープでダックマンを作るなら、というテーマで書いていきます。

補強ポイントとトレード要員

カープで補強したいのは捕手、ファースト、セカンドです。
そしてトレード要員が悩みどころで、カープは優秀な選手の獲得が難しいチーム状況です。
トレード要員は西山が決定で、あとはファーストの浅井で良い選手がとれれば、というところ。

img_news
画像: 四国新聞社より

ショートダックマンのオーダー

今回はショートダックマンでオーダーを考えます。
ショートの野村はファーストも4なので(3だったかな?)ファーストに回します。
ファーストにダックマンでもいいですけど、ショートダックマンの方が他球団でプレイする際にも使いやすいですからね。

2小久保(西山とトレード)
3野村(守備3だったら小久保とポジション入れ替え)
4奈良原(浅井とトレード)
5江藤(小久保とポジション逆でも問題なし)
6ダックマン
7金本
8緒方
9前田(緒方と前田は逆でもいいですね)

2014053000008_1
画像: WEBRONZAより

奈良原はサードの守備固めにも使える便利な選手になります。
ポイントは浅井のトレードランクです。
もし浅井で大友ら外野手が獲得できるのなら、セカンドにダックマン、ファースト小久保、捕手金本もいいですね。
西武の清水ならワンランクぐらい下だと思うので浅井で獲得できる可能性があります。
逆に浅井で奈良原を含め、良いトレード選手が獲得できない場合は小林幹英を出すといいですね。

スポンサードリンク

小林幹英をトレードに出す場合

浅井が駄目で小林をトレードに出す場合、奈良原では少しもったいないです。
大友が獲得できるなら先にあげたように大友でもいいですね。
あるいは強打者を獲得して重量打線を組むのもありです。

2ボーリック
3小久保
4ダックマン
5江藤
6野村
7金本
8緒方
9前田

SAG2015010299000017_id1_20150102105516
画像: 佐賀新聞LiVEより

このような重量打線を組むことができます。
ボーリックの他にも強打者はいろいろいるので選択の幅も広がります。
ローズが獲得できれば守備もグレードアップしますが獲得は厳しいかな?

スポンサード リンク

カープは投手層が薄い

当時のイメージ通り、カープの弱点は投手層が薄いことです。
先発投手が欲しいところですが、カープのトレード要員ではエース級投手の獲得が難しいです。
それならいっそのこと、佐々岡、ミンチー、横山以外はなんとか5回まで投げさせて、残りはリリーフで4イニングを抑える作戦がおすすめです。

web3-yankees-a-201303013
画像: japantimesより

もう1枚のトレードで東出、笘篠、木村、瀬戸あたりを出せば計算のできるリリーフ投手が獲得できます。
「ここは抑えろ」で全力投球をさせることで、疲労・連投さえ気を付ければ十分な結果が期待できますからね。
リリーフ投手の駒を増やすことで、先発の不足を補う作戦もありです。

1374369772000-07-20-2013-Hiroki-Kuroda-1307202124_3_4
画像: USA TODAYより

あるいはそこそこの先発投手を獲得して、黒田あたりをリリーフに回すのもいいですね。
というより、リリーフを獲得するよりもそっちの方がよかったですね。笑
近鉄の真木あたりなら獲得しやすく能力も黒田より上です。
どんな投手が獲得できるか調査して、それから本格プレイをするといいですね。

スポンサード リンク