オリックスでもプレーし日本でもお馴染みのカリーム・ガルシア
03年にはヤンキースでプレーし、レッドソックスとのCSで大乱闘を巻き起こしました!
まずは大投手ペドロ・マルティネスからタイムリーを打つガルシア。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - カリーム・ガルシアが世紀の大乱闘を巻き起こす!

続く打席は前の松井秀喜選手が勝ち越しの2点タイムリーを打った直後。
ペドロはイライラしたのかガルシアの頭部付近に速球を投げ込みました!
その後ヤンキースのロジャー・クレメンスもやり返してMLB史に残る乱闘が巻き起こっています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - カリーム・ガルシアが世紀の大乱闘を巻き起こす!

この乱闘はヤンキースとレッドソックスというライバル対決、しかもチャンピオンシップシリーズという大舞台。
そしてなにより72歳という高齢のドン・ジマーが、ペドロに突っかかり投げ飛ばされた悲劇的なシーンが印象的です。
これペドロは受け流しているようにも見えるけど、頭を掴んで投げているんですよね。
必ずしもペドロだけが悪いわけではなくジマーも謝罪をしているわけですが、後味の悪い乱闘になってしまいました。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - カリーム・ガルシアが世紀の大乱闘を巻き起こす!

第7戦では3点ビハインドからペドロを打ち崩し勝利したヤンキース。
ペドロを交代させなかった監督の采配が疑問視されたわけですが・・・。
03年、04年のCSはライバル対決となり史上屈指の名勝負となっています。

スポンサードリンク

カリーム・ガルシアのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク