Pocket

今回はオリックスでダックマンを作るなら、というテーマで書いていきます。

投打に選手層の薄いチーム

オリックスはイチローがいる球団ということで、ぜひプレイをしたいところですが・・・。
残念ながら投打に層の薄いチームでプレイしやすい球団とは言えません。
投手の質はそこそこなのですが絶対数が少ないです。
せめて日ハムのように数が多いのであれば、エース星野を放出して主力級の野手が獲得できるのですが・・・。
まあ、放出できなくはないので、その辺はお好みですね。

show_img
画像:週刊ベースボールon-lineより

ショートダックマンで考える

オリックスの野手は主力級こそイチローだけですが、駒はそれなりに揃っています。
その意味では阪神と似たところがありますが、阪神と違って質の良いトレード要員がいないので頭が痛いところです・・・。

2プリアム
3藤井
4大島
5進藤(三輪か日高とトレード)
6ダックマン
7谷
8新庄(三輪か日高とトレード)
9イチロー
DHニール

スポンサード リンク

トレードは名手進藤、俊足名手の新庄と一芸に秀でた選手を獲得と考えました。
波留や真中あたりが獲得できれば、打撃の安定感もあって新庄より良いかもしれません。
サードにダックマンでショートに二岡というのも可能です。
その方が打力は上で、守備力の差もそこまで大きなものではありません。
今回は一芸に秀でた進藤を優先しましたが、単純な戦力として考えたら二岡の方が上かもしれませんね。

d00069_ph00
画像: nippon.comより

また、星野を放出するなら松井の獲得が可能かもしれません。
イチマツコンビも夢があるので、それなら星野を出す価値もありますね!

ついでに打順も考えてみる

上記のメンバーで打順を考えると。
1ダックマン
2谷
3プリアム
4イチロー
5藤井
6大島
7ニール
8新庄
9進藤

藤井、大島、ニールとチャンスに強い打者を下位に並べます。
大島は2番っぽいですけど、あえて6番にして個性を出します。笑
待球作戦をするとランナーが溜まりやすく、案外上位打線より下位打線の方が得点機会が多くなります。
ですから、下位打線を充実させるのもおすすめの方法です。

76
画像:スポニチより

ニールについては三振ゲッツーでチェンジになっても、次が俊足の新庄からなので思い切って打たせるのもおすすめです。
先頭新庄出塁→盗塁→進藤のバントで、1アウト三塁ダックマン。
このような8番からの得点パターンが僕のお気に入りです。
進藤もチャンスに強いので、進塁打で良いところでヒットを打ってくれることもあります。

スポンサードリンク

オリックスの投手

オリックスは先発がけっこうそろっているので、オーソドックスな継投になります。
投手が少ないのでマシンガン継投はできないですね・・・。

091022_61
画像:オリックスバファローズより

ただ先発は5人ローテで5回までと決めて、6回からマシンガン継投はいけます
リリーフ陣を2組に分けて登板させるのもいいですね。
連投を避けることと、全力投球をさせることで失点確率がかなり減ります。
DH制で投手起用が楽な点を活かしたいところですね。

1211hirai-001
画像: スポルティーバより

それともう1枚のトレードで野手を補強するのもいいですが、トレード要員の問題から、大幅なグレードアップになる補強は難しいです。
それならペレスら控え野手をトレードして、投手を1枚加える方が投手起用も楽になるので良いかもしれませんね。

スポンサード リンク