大学時代からスター選手で、ドラフト全体2位の高指名で入団。
2年目の23歳で35本塁打を打ったウィル・クラークです。
キャリアのハイライトは89年のチャンピオンシップシリーズ。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ウィル・クラークが89年のNLCSでMVPの活躍!

第1戦にグランドスラムを含む6打点の活躍。
投手はカブスのエース、グレッグ・マダックスです。
王手をかけた第5戦でも同点の8回に2点タイムリー。
リーグ優勝に大きく貢献し、チャンピオンシップシリーズMVPになっています!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ウィル・クラークが89年のNLCSでMVPの活躍!

キャリアハイは2年目の35本塁打で、通算は284本塁打。
通算2176安打で通算打率も3割を超えています。
引退シーズンでは途中移籍したカージナルスで51試合、打率.345、12本塁打、42打点と大活躍。
地区優勝に大きく貢献し、有終の美を飾っています。

スポンサードリンク

ウィル・クラークのYOUTUBE動画まとめ

スポンサードリンク