Pocket

日本は失敗をしてはいけないと洗脳教育されて育つので、審判の誤審にかなり厳しいです。
あからさまな誤審だけでなく、スローで見てわかるレベルのものでも誤審として扱われます。
そしてサラリーマンという立場の実況アナウンサーですら、審判を批判し、それがまったく問題視されない環境です。
それこそ選手が審判に暴行をふるっても問題にはならなかった歴史があるわけです。
おそらく現代であっても大差ないでしょう。
さすがにバットで殴るぐらいは問題になるにしても、殴って骨折レベルであればこれまで同様にたいした問題にはならないと思います。

7s_baseball_03_m
画像: japaneseclassより

日本人的な感覚だと「間違える方が悪い」と言うことですが、そもそも審判のミスを現場の人間が指摘するのはタブー視されています。
まあ、判定への抗議ぐらいであればマナーの問題で許容されます。
暴力を振るうのはもってのほかですが、公の場で審判を批判することもタブーなのです。

スポンサードリンク

審判の判定を批判してはいけない理由

仮に審判がミスを犯しても、それを選手や首脳陣が批判してはいけない理由。
それは「審判が勝敗に影響を及ぼした」と思われるようなことがあってはいけない、と言うのが理由です。
現代でも誤審が起これば「審判は買収されているのか」と批判されることがあります。
まあ、中には本気でそういうことを思っている人もいるでしょう。
そのように思われること自体が問題になってしまうわけです。

mlbf_36338523_th_45
画像: mlb.comより

選手や監督が審判を批判することで「今日は審判のせいで負けた」とファンは思うかもしれません。
逆に「今日は審判のお陰で勝てた」と思う人もいるかもしれません。(まあ、日本人はそういうのを嫌いますが)
いずれにしても、現場の人間が審判の判定に文句をつけることで「審判が勝敗の道具になっている」という感覚になることが問題視されているわけです。

wbc-031713-sm612
画像: SF Giants Photosより

MLBの抗議はパフォーマンス

マナーにうるさいMLBでも当然のように抗議は行われます。
チャレンジ制度がある現代でもそれは変わりません。
日米監督の抗議で決定的に違うのは、本気で怒っているかどうかだと言われています。

mlbf_97688183_th_45
画像: mlb.comより

日本の場合は本気で怒っているから、審判も恐怖と戦いながら抗議に応じることになります。
一方でMLBはあくまでもパフォーマンスです。
例えば大差がついて試合が決定している場面などで、監督がつまらないことで抗議をして退場するケースがよくあります。
これは試合展開が決まってファンが退屈しているから、刺激を与えるためにやっているようです。

mlbf_32834367_th_45
画像: mlb.comより

また勝敗に関わるような大事な場面であっても、日本のように殴りかかろうかというような圧力をかけることはありません。
あくまでもガー!とまくし立てて、退場宣告されて、審判と監督がヒートアップして、一段落ついたら審判が無視、監督も大人しく引き下がる。
というお約束の展開になります。
そしてファンも、このお約束の展開を楽しむわけです。

スポンサードリンク

日本は国際大会で不利

ロス五輪の野球代表監督の松永怜一氏は、国際大会での審判との付き合い方の下手さを指摘していました。
WBCでも高代コーチが同じように、審判との付き合い方を指摘していたようです。
要するにNPBと同じような感覚で審判と接していては駄目と言うことです。
そらくらい日本球界とグローバルスタンダードでは審判との付き合い方が違うわけです。
WBCでプエルトリコがそこを付いて日本に勝ちましたが、日本はそれくらい国際大会で不利な環境にあります。

347b4128-6d66-439e-928b-d75acdd2223d-460x276
画像: theguardianより

話がかなりそれましたが。
審判が「勝負の駒になってはいけない」という価値観から審判の判定を批判するのはタブー視されています。
ちなみに、チャレンジ制度と言うのも審判が反対しているから導入されないみたいな風潮がありますが。
あれも決定権を持っている球団側が審判を悪者っぽくしているだけですからね。
球団というかマスコミの先導かな?

NGY201307130048
画像: 朝日新聞デジタルより

悪意のある言い方をすれば、日本のマスコミは国民を馬鹿にしています。
そして、国民の感情に訴えやすい記事を書くので、野球で言えば誤審ネタは好んで扱いますけどね。

f_08391212
画像:デイリースポーツより

まあ、野球と言うのは賭博要素を取り入れようと思えば、いくらでも取り入れることができるスポーツです。
そこをアメリカはクリーンなスポーツとして発展させようとしてきた歴史があります。
だから審判が勝敗の駒になったと思われるような行為をしてはいけない、というマナーがあるわけです。
野球も世界的な普及が徐々に進んでいるだけに、それらのマナーをもう少し取り入れることも必要ではないかと思いますけどね。

スポンサードリンク

野球の誤審動画まとめ