こちらは審判がルールの適用を間違えて、判定を変えることになってしまいました。

どういうことかと言うと「ファーストランナーにタッチしたから、ホームはフォースプレーではないだろう」ということです。
走者にタッチしていないので、ホームはアウトではなく得点が認められるってことですねー。
捕手も「あれ?」って感じです。笑
実際にその通りなんだから、これは審判のミスであり判定を変えることになりました。

またこちらもファール判定がされましたが、アウトに訂正されました。
確かにファールゾーンに打球が落ちていますが、捕球時はフェアゾーンですからね。
まあ、自打球と思ってファール判定したのかもしれませんが。


画像: cbsnewsより

何にしても審判は問答無用で判定を変えてはいけないということではありません。
アウトセーフの単純なジャッジはともかく、今回のようにルールの適用を根本的に間違えている場合は、要請があれば正しい適用に訂正しないといけません。
審判が絶対にやってはいけないのが、要請後ルールの適用を誤ることです。
まあ、日本だと審判のミスは何でもかんでも目くじらを立てる人も多いし、マスコミがそういう風潮ですからねー。
日本で起きれば審判が袋叩きだったでしょうけど、それでも最悪のケースは免れているということになります。

スポンサードリンク

審判の動画まとめ

スポンサード リンク