A.J.バーネットと言えば通算147勝、08年の奪三振王など素晴らしい実績を持つ投手ですが。
その一方で堂々とした体格から凄い速球を投げるものの、ノーコンで未完の大器というイメージが強い投手です。

これとか凄い暴投です。笑
気が散ったんでしょうけど、それにしても信じられない珍プレーですね。

こちらは01年のノーヒッター達成。
絶好調かと思いきや9四死球でストライクは全投球の半分しかなかったそうです。
まさに未完の大器っぷりを象徴する出来事ですが。

こちらは昨年の引退登板。
191イニングを投げて10勝209奪三振、防御率も3.30。
防御率は自己ベストという余力を残しての引退でした。
キャリアの晩年に輝いた投手ですね。

スポンサード リンク

アンドリュー・マカッチェンが2本塁打

先日アンドリュー・マカッチェンが1試合2本塁打を記録。
なんと、この日球場に来ていたバーネットと2本塁打を約束していたそうです。

今シーズンはキャリアワーストと言えるシーズンを送っていますが。
さすがスーパースターだけあって、やるときはやる男ですね!

スポンサード リンク

シーザー・ヘルナンデスの好プレー

対戦相手のフィリーズ、シーザー・ヘルナンデスの好プレーです。
ヘルナンデスはレギュラーとして自己最高のシーズンを送っています。
昨年レギュラーの座を掴んだ若手選手ですが、レギュラーの座をしっかりと固めましたね!

スポンサードリンク

A.J.バーネットの動画まとめ