08年の奪三振王A.J.バーネットが、ヤンキース時代の11年に1イニング4奪三振を記録しています。
この記録は毎年のように生まれているんですよね。
まあ、それでも珍しい記録に変わりはないけど、NPBに比べると圧倒的に多いですね。

1つ目と2つ目がナイスボールですね!
しかし、ヤンキースでの3年間はフルシーズン働きながらも、イマイチだったバーネットですが。
その後に全盛期を迎えたと言っていい、遅咲きの投手です。
バーネットは必ずしも期待に応えたキャリアではなかったのかもしれませんが。
それでも素質のあるノーコン投手が大成した例の1つではありますな。

スポンサードリンク

A.J.バーネットのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク