Pocket

先日亡くなった父の葬儀と通夜が終わりました。
これでしばらく親戚の方が集まるようなことはないですから、その面では落ち着いてきましたね。
まあでも、これからが大変だと思いますが、頑張っていきたいと思います。

gatag-00014280

遺族代表挨拶をしました

息子として通夜と葬儀で遺族代表挨拶をしました。
挨拶文は葬儀屋さんに用意してもらっていたし、覚えなくても紙を読めば良いと言われたので気も楽でした。
緊張するかと思ったけど、不思議と緊張はしなかったですね。
ちなみに挨拶文の例文はこちら→ 前回の記事

gatag-00012884

挨拶の仕方ですけど、こういう場はボソボソとしゃべるのか、ハキハキとしゃべるのかよくわかりません。
で、葬儀屋さんに聞いたら「はっきりしゃべられるなら、はっきりしゃべった方がいいよ」と言われました。
要するに感極まってしゃべられなくなることもあるってことですね。
僕は落ち着いてはっきりと挨拶することができましたが、逆にはっきりを意識しすぎて選手宣誓みたいな感じになっちゃいましたね。笑
緊張らしい緊張はしなかったけど、やっぱり人前でしゃべるとドキドキして息が続かないといので、細かく区切ってしゃべりました。
その結果、選手宣誓みたいな感じになりましたね。

gatag-00005998

まあでも、しっかりとあいさつができて良かったと思います。
あとは祖母がショックで頭がおかしくならないかが心配なので、病院へ相談にでも行こうかと思っています。
何にしても、人が1人死ぬというのは、本当に大きな影響があるもんだと思いました。

スポンサードリンク