5月5日は端午の節句、子供の日ですね!
子供の日には菖蒲湯に入るという習慣があるそうで・・・。
我が家にはなかった習わしで、菖蒲湯って飲み物かと思いましたが。笑

菖蒲湯
画像: jyouyoukaiより

菖蒲湯というのは、菖蒲を4、5本ぐらい紐で結んで、それを湯船に入れるものだそうです。
菖蒲湯には身を清めるという意味の他、血行促進や疲労回復、保温効果などがあるみたいですね。

スポンサード リンク

菖蒲はどこで買うもの?

菖蒲は八百屋や花屋、端午の節句の時期だとスーパーにも売っているようですが。
ただ花菖蒲という間違えやすいものも売られているようです。
菖蒲と花菖蒲はまったく違うものなので、きちんと確認して購入しないといけません。
それと、菖蒲湯の効果効能が期待できるのは茎の部分になります。
葉だけ売られているところもあるようなので、茎があるものを買った方がよいとのこと。

菖蒲湯
画像:ウィキペディアより

ちなみに、菖蒲を3、4本、よもぎを2、3本ほど一緒にひもで結んで、屋根の上に置いたりする風習を軒菖蒲と言うそうです。
この軒菖蒲は厄除けの意味があるそうで。
五月人形にも子供の代わりに災厄を受けるという意味があるそうですが。
子供の健やかな成長を願うために、いろいろな文化があるわけですね。

スポンサードリンク

菖蒲湯のYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク