前回、甘茶に関する言い伝えを紹介しましたけど。
まあ、虫除けのおまじないはともかく、甘茶を持ち帰って飲むぐらいのことはしたい方も多いかと思います。
せっかく灌仏会(花祭り)に参加するのであれば、持ち帰るための入れ物を用意しておきましょう。

スポンサード リンク

甘茶を持ち帰る入れ物は竹筒

灌仏会(花祭り)の際に甘茶を持って帰るときには、竹筒に入れると良いと言われます。
別に竹筒に入れるのがマナーとか、そういう作法があるというわけではありません。
普通にペットボトルとか水筒でも良いわけですけど。
ただ、言い伝えでは甘茶は竹筒に入れて持ち帰るものとされているようです。(地域によっては違う可能性はありますが・・・)


画像: livedoor.jpより

竹筒に入れて持ち帰った甘茶を家族で飲むことで、体が丈夫になって無病息災でいられるとされます。
あと書道をやられる方であれば、甘茶で墨をするのもいいかもしれませんね!
まあ、そもそも今どき竹の水筒を売っているのかわかりませんが・・・。笑
どこでも手に入るものではないかもしれないので、その際は仕方がないですね。

スポンサードリンク

灌仏会のYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク