Pocket

現在ホークスの柳田悠岐選手の出塁率の高さが話題になっています。
気の早い話ですが、シーズン記録更新も狙えるのではないかという声すらあるほどです。
ちなみに出塁率のシーズン記録は落合博満さんの.487です。

TKY201101150140
画像:朝日新聞デジタルより

王貞治さんじゃないの?って感じですが、セ・リーグで出塁率が公式記録となったのは85年からなので王さんの記録は入っていないというわけです。
公式記録以前の記録を含めると王さんの.532が日本記録となります。

歴代5位の桝嘉一

出塁率は強打者の証でもありますから、王さん、落合さんの他、ランディ・バース、景浦將氏とそうそうたるメンバーが顔を並べます。
そんな中、彼らに交じって歴代5位のシーズン出塁率.493を残している桝嘉一氏は、知名度に劣りますね。
正直僕も知らなかったですし、聞いたことがあったのかもしれませんが覚えてはいませんでした。

275px-Kaichi_Masu_1938
桝嘉一氏の成績→ウィキペディア

38年当時はまだ1リーグ制でペナントも春期、秋季と別れている時代。
.493の記録を残したシーズンは38年春期の34試合でのものなので、単純に現代と比較はできせん。
ちなみに柳田選手が21日現在、19試合で.478です。
倍近い試合数で出塁率も柳田選手より上と考えると、凄い記録に変わりはありませんよね。

AS20151019003366_commL
画像:朝日新聞デジタルより

まあ、何にしても柳田選手の活躍によって、過去の名選手が注目されるのも素晴らしいことですね。
基本的に日本は引退したら注目されることなんてほぼないですからね。

スポンサードリンク

落合さんの「次に俺が注目されるのは死んだとき」みたいなコメントを昔読んだ記憶がありますけど。
実際に死ぬまで注目されない名選手なんてたくさんいますからねー。
ていうか、名選手でも死ぬまでに選手時代の功績を振り返られる人の方が珍しいわけですから。
その点はMLBを見習ってもらいたいところですが、それはともかく。
桝嘉一氏が気になったので書いてみました!

柳田悠岐の動画まとめ