Pocket

今回紹介するのはダイエーの3選手。
いずれも貴重な選手ではありますが、トレードで獲得するにはややインパクトが弱い選手です。
球団事情を考えてもあえて獲得するタイプの選手ではありません。

柳田聖人

柳田はバックアップ要因として使い勝手が良いです。
守備はセカンドとサードが5でファーストが4。
ファーストを守らせることはほとんどないでしょうが、サードは小久保が4ですから守備固めとして使えます。
セカンドも浜名の調子が悪い日や、柳田は左投手に強いので左投手相手に起用するのもいいかもしれません。
まあ、打力のある選手ではないので基本的には控えになりますね。
でも優秀な控えですから、ホークスでプレイするなら貴重な選手です。

g8827700
画像: 駿河屋より

浜名千広

浜名はセカンドの守備評価が6の名手で、サードとショートも守れます。
セの立浪とほぼ同等の能力で、打力は浜名の方がちょっと弱いぐらいですかね。
優秀なセカンドではありますが、あえてセカンドを補強したいのはカープだけですから、トレードの選択肢には入らないタイプの選手です。
ホークスでプレイするなら補強が難しいセカンドに彼がいるというのは、チームが作りやすくて良いですね。

ph_hamana
画像: moogryより

井口資仁

井口も松中同様に本格ブレイク前なので、長打はともかく確実性が低いので物足りない選手です。
セカンドが守れれば使い勝手の面で違ったかもしれませんが、ショート5だけですからね。
ホークスの選手層などを考えると、ダックマンを使うならショートも有力な選択肢なので、控えで使うことになるかもしれません。
まあ、好みの問題もあるので一概に控えとは言えないですけど。

007
画像:毎日新聞より

例えば城島でショート石井琢朗を獲得し、ファースト小久保、サードダックマン、捕手井口なんかもありと言えばありです。
井口は強肩だし、セカンドも浜名が名手なので、外野も含め守備がかなり固いチームになります。
選手層が厚いチームなので、いろんな選択肢がありますし、猫の目オーダープレイをするのも楽しい球団ですね。

スポンサードリンク

ちなみに、セでプレイする際には、特に補強の選択肢に入るタイプの選手ではありません。
井口でグレードアップになるのも、あえて言えば中日の福留は守備に不安があるので、中日ぐらいですからね。
それにしても、ダックマン、小坂、松井稼頭央ら選択肢も豊富なので、やはり井口は候補に入りにくいタイプですね。

TKY200905260149
画像:朝日新聞デジタルより

井口資仁の動画まとめ