Pocket

以前、記事をたくさん書くためには自分なりのネタの収集場所を見つけることが大切という話をしたのですが。
それと「書けないものは書けない」で諦めるということも大切です。
悩んで、書くのに時間がかかるなら書くのを辞めるべきですね。

gatag-00014254

僕が趣味の野球のことを書くときですら「やっぱり書けないな」と思って諦めることはあります。
毎日7、8記事ぐらい投稿している僕ですらそんなものなんです。
書きたいと思っても、考えがまとまらないとか、そういうことがあればスパッと諦めます。
あるいは、とりあえず途中までで保存だけして放置している記事もあります。

gatag-00013765

基準としては気持ちが乗らない、考えがまとまらない場合は途中保存。
書こうと思ったけど、全体像がまったく見えない場合は諦める。
そんな感じです。(まあ、そこらへんは自分の感覚)

gatag-00014126

気分が乗らなくて書けないこともあれば、知識が不足していて書けないということもあるわけですが。
いずれにしても、途中でどう書こうか悩むなら、その時に書くべきではないですね。
まあ、記事を書き慣れないうちは頑張って書くことが必要な時期もあるのかもしれませんが。
何にしても途中で諦める勇気ってのも必要ですね。
だらだら時間をかけて書こうと思っても、あんまり良いことにはならないですね。

スポンサードリンク