Pocket

今回は大友進と小関竜也を一緒に紹介します。
同じ西武の選手で能力的にもほぼ同じです。
どちらを選ぶかは好みというか、先にトレード案件が来た方を選ぶぐらい甲乙つけがたいですね。

あえて挙げる両者の特徴

あえて言えば、守備に関しては大友の方が肩は強いです。
そして打撃はほぼ同じですが、好調なら小関の方がハイアベレージを残してくれます。
でも、大友の方が2ストライクからも強く、三振は少ないので使いやすい印象はありますね。
また小関は7月ぐらいに不調になりますが、大友はシーズン通して調子が安定しています。

bbl1202220858004-p2
画像: ZAKZAKより

このようなことから、小関よりも大友の方が使いやすい印象は強いです。
でも選球眼は小関の方が上だし、小関は左投手にも強いです。
だから打率とか見た目の数字的には小関の方が上かもしれません。

thumb_250_baseball_44_px250
画像:drillspinより

でもまあ、本当にどちらが良い悪いはないですね。
他にもダイエーの柴原が同じタイプの選手にいます。
近鉄の大村はランクが上ですね。
でも、セでリードオフタイプの外野手を探すなら、大友や小関がいるので困ることはないですね。
そこまで獲得が難しいわけでもないのでおすすめ選手です。

スポンサードリンク

大友進の動画まとめ