Pocket

野球のルールでは「同時はセーフ」となっています。
同時はセーフというのは、アウトの定義が厳密化されているので、アウトの定義に当てはまらない同時のタイミングはセーフという解釈になります。
しかし、MLBではチャレンジが導入され同時の定義がより厳密化されています。

これはスロー映像を見れば明らかにアウトだとわかりますが、目視だとどちらが早いかなんてわかりっこありません。
これが同時はセーフと言えるような場面です。
相撲で物言いがつけば、この程度の差だと同体で取り直しですね。笑
野球ではやり直しというわけにもいかないので、チャレンジとなればスーパースローで見て判定するわけです。
チャレンジの結果、これは判定が覆る結果となりました。

見事に盗塁阻止を見せたゲーリー・サンチェスですが、ピックプレーでもアウトを奪いました!
しかし、日本だとあのレベルでも誤審扱いですから審判も大変ですねー。
誤審扱いするのは一部の人だけかもしれませんが、その一部の人の声がデカいので大変です・・・。
審判さんはサイレントマジョリティもいるのだと思って頑張ってほしいものです。
それかサイレントになっていないで、発言する人が増えてくればいいのですが。
てか、相撲と違って放送席がフォローしないのがよろしくないんですよねー。

スポンサード リンク

サルバドール・ペレスの好プレー

こちらはロイヤルズのサルバドール・ペレスが始点となってダブルプレーを奪いました!
MLB屈指の強肩捕手です。

バスター・ポージーの盗塁阻止

こちらはジャイアンツのバスター・ポージーの盗塁阻止です。
捕手としてはハイレベルな成績ではありますが、キャリアワーストレベルとも言えるのかもしれません。
少し気になってしまいますね。

ジョナサン・ビヤーの盗塁

ブルワーズのジョナサン・ビヤーが58盗塁を記録しました。
怪我で離脱中のビリー・ハミルトンに並ぶリーグトップタイ。
現在は59盗塁でリーグトップに立っています。

JC・ラミレスの好捕

エンジェルスのJC・ラミレスがピンチで好プレーを見せました!

スポンサード リンク

ジャスティン・バーランダーの11奪三振

タイガースのジャスティン・バーランダーの奪三振ショーです。
今シーズンは成績だけ見たら完全に全盛期の勢いを取り戻していますね!

ファンのナイスキャッチ

赤ちゃんを抱いている男性がファールボールをナイスキャッチです!
ワンバウンドで目の前に来たとはいえ、よく赤ちゃんを抱いたまま取りにいけるものですねー。
奥さんに怒られそうです。笑

こちらはもっと凄くてバットをナイスキャッチしました!
バットはボールよりも恐怖心は低いと思いますが、だからといって危険度が低いというわけでもないですからねー。
うまい具合にキャッチしましたね!

スポンサードリンク

JC・ラミレスの動画まとめ