Pocket

メジャーリーガーは練習しないという報道がされることがあります。
また、NPBに入団した外国人選手の「日本は練習量が多い」というコメントが紹介されたりします。
とはいえ、メジャーリーガーが練習をしないというのは、あくまでも全体練習のことで個人練習を含めれば物凄いトレーニング量だと言われています。

スポンサード リンク

個人練習ができないNPB

MLBのキャンプというのは10時からスタートして13時ぐらいで終わるそうです。
ですが、その前に早朝から個人練習に取り組んでおり、午後の自由時間にもトレーニングをしている選手はいます。
一方でNPBの場合は朝から晩まで全体練習で、個人練習をする時間はあまりないと言われています。
また、個人練習をする頃には体も疲れているというわけです。

ps1ah7p4432
画像: hochi.co.jpより

MLBでは早朝の体が元気な時間帯に、自分で目的を持ったトレーニングをします。
そこで課題を克服して自信を持ってシーズンに挑む。
自分に必要なことを自分で考えて取り組むというのはとても大切なことですからね。
日本では子供の頃から言われたことをこなせばいい教育を受けているので、自分で考えて行動することが苦手なものですが・・・。

pb-130215-mlb-spring-training-02.photoblog900
画像: nbcnewsより

また、MLBで個人練習の方が重視されているということは、これだけ個々の力を重要視しているという意味でもあります。
自分がチームに求められているものや、生き残るために必要なスキルを伸ばすということですね。
長所を伸ばすという意味では、日本の欠点を補う指導とは根本的に違っています。

スポンサード リンク

一概にMLB式が良いとは言えない

もちろん、MLBのやり方の方が良いのかと言えば必ずしもそうではありません。
個人に任せるということは、意識の低い選手は消えてしまうだけです。
アメリカには意識が低く、才能を伸ばすことができない選手もそれだけ多いわけです。
たくさんの才能ある選手がいるMLBならともかく、NPBは支配下人数も少ないので有望な若手に消えてもらっては困ります。

spring-training
画像: nbcsportsより

だから強制してでも練習をさせることで、選手を伸ばすという選択肢は理に適っている面もありますからね。
特にマイナーと違って二軍の環境は恵まれているし、誘惑だってたくさんあるわけです。
二軍とはいえお金もあって、チヤホヤされて女性にもモテモテ生活になるんだから、野球に集中しろというのが無理な話です。
まあ、選手に合わせて臨機応変に考えることは必要なんでしょうけど、一概にアメリカ式が良いというわけでもないってことですね。

スポンサードリンク

プロ野球の練習動画まとめ