Pocket

井端弘和選手と言えば、中日時代に荒木雅博選手と「アライバ」として球界を代表するショートとして活躍しました。
そんな井端選手も中学生の頃は投手をやっていたそうで。
高校からショートを守るようになったそうです。

20130604-00025438-roupeiro-000-2-view
画像: Yahoo!ニュースより

井端の素質を見抜いた野村克也

ノムさんは中学時代の井端選手を見る機会があったそうです。
そこで彼に内野手としての適性があることを見抜きました。
当時息子のカツノリさんが堀越高校にいたことから、堀越高校の監督に井端を紹介。
そして「ショートをやってみないか」というノムさんの言葉でショートへのコンバートを決めたそうです。

スポンサードリンク

その選手の素質を見抜くことって重要ですね。
有名なところで言えばどのスカウトもイチロー選手を投手として評価していたけど、オリックスのスカウトは野手として評価したからドラフト指名に繋がったという話。
単純な技量だけじゃなくて素質を見抜く目がないと、逸材を殺してしまうってわけですね。

d_08507647
画像:デイリースポーツより

井端選手にしても小柄だし、投手を続けていても活躍どころかプロ入りも難しかったのではないでしょうか?
もちろん本人の才能や努力もあるわけですが、ノムさんさまさまかもしれませんね。

井端弘和の動画まとめ