Pocket

前回はワールドシリーズの舞台で守備妨害での試合終了という場面を紹介しましたが。
日本では翌日の上原浩治投手の牽制ゲームセットの方が馴染み深いですね。

この牽制アウトについて上原投手は、まったく狙っていなかったプレーと話しています。
一方で当時ルーキーのコルテン・ウォンは試合後に涙。
ワールドシリーズの大舞台でやらかしたんだから精神的にもきつかったでしょうね。

コルテン・ウォン
画像:mlb.com

打者はプレーオフに強い強打者カルロス・ベルトランで、上原投手は被本塁打も多いタイプ。
カージナルスにもワンチャンスある場面ではありましたが。
これで精神的につぶれず、レギュラー格の選手に成長したんだから凄いですね。
小さな体でよくやっている選手です。

昨シーズンも牽制が上手なジョニー・クエトからアウトを奪われているウォン。
今シーズンは不調でしたが、来シーズンの巻き返しを期待したいところですね!

スポンサードリンク

上原浩治の動画まとめ

スポンサード リンク