ロベルト・アロマーといえば、やはりインディアンス時代の印象が強い選手です。
オマー・ビスケルとの二遊間は芸術とされ、史上最高のセカンドの声もある選手ですが。

やっぱり凄いですね!
どうしても地味な印象があるセカンドですが、彼は華のあるスター選手だったと言われます。
審判に唾を吐きかけるという球史に残る汚点も、日本で言えば鼻くそレベルの出来事ですしね。
むしろ選手に唾を吐きかけられるような判定をした審判が批判される出来事です。

roberto-alomar
画像: foxnewsより

アロマーの件を「審判に唾を吐いた程度なのに全米各地で大ブーイング」というニュアンスで大学教授が著書で紹介していたのは、さすがの僕も驚きましたが。笑
時代が違うといっても平成の出来事だし、審判のイメージの悪さ、立場の低さには驚かされますね。
まったくの異常事態だと思うのですが・・・。

先日は試合観戦に訪れていたロベルト・アロマー。
91年からの3連覇に貢献した主力選手です。

92年のプレーオフでは、デニス・エカーズリーから同点ホームランを打っています。
アロマーは在籍年数でいえばブルージェイズが1番長いんですよね。

スポンサード リンク

ホアン・グーズマンの始球式

アロマーが観戦したチャンピオンシップリーグ第4戦の始球式はホアン・グーズマンが務めました。

正直、知らない選手だったんですけど・・・。
ブルージェイズ3連覇当時の若手で、エース格の活躍をしている投手でした。
通算成績は91勝79敗とさほど目立ってはいませんが、96年には最優秀防御率に輝いています。
まだまだ僕の知らない凄い選手がたくさんいるってことですね。

試合にはデカいグローブをもって観戦しているファンも。
こちらもメジャーリーグを象徴するような観戦スタイルでしたね!

スポンサードリンク

ロベルト・アロマーの動画まとめ

スポンサード リンク