Pocket

ロイ・オズワルトがフィリーズ時代の延長戦でレフトを守る珍事が起きました。
きっかけは延長戦ライアン・ハワードの退場劇です。
ハーフスイングの判定という、最も議論するのが無駄と言われるジャッジがきっかけです。

まあ、これは不満に思うのはわかるけど、それでもハーフスイングの判定で揉めるのはねー。
ハワードも成績低迷でフラストレーションが溜まっていたとは思いますけど・・・。
やっぱそういうのが態度に出てしまいますからね。
審判と喧嘩すると相手が精神的優位に立ちますし、主力打者の態度としてはよろしくないですな。
ただ日本だと審判の態度が逆ギレと批判されちゃいますね。

ロイ・オズワルト
画像: sonsofpennより

ファーストを守ったラウル・イバニェスに好プレー。
さらに最後の打者がオズワルトという。笑
フィリーズは負けてしまいましたがホームのファンも楽しそうですね!

スポンサードリンク

ロイ・オズワルトの動画まとめ

スポンサード リンク