今シーズンは初めてフルシーズンローテを守ったマイク・ファイヤーズ。
現在31歳なので遅咲きと言える投手ですが、ブレイクを阻んでいたのがノーコンです。
ブルワーズ時代の14年にはとんでもないことをやらかしてしまいました。

マーリンズのジャンカルロ・スタントンの顔にボールをぶつけてしまいました!
これはスタントンがスイングしているので、死球ではなくストライクに。
スタントンは大事には至らず、元気にプレーしていますが。(相変わらず故障は多いけど)

スポンサード リンク

マイク・ファイヤーズがリード・ジョンソンにも

まあ、スタントンのことだけなら不幸な事故で済んだのですが。
問題はスタントンの代打で出場したリード・ジョンソンにも内角高めに投げてしまいました。

これは2球連続ですからね・・・。
もちろん、ファイヤーズはわざとやっているわけじゃないから、ジョンソンも怒ってはいません。
しかし、ネクストで待っていたケーシー・マギーが激怒です!

マイク・ファイヤーズ
画像: fansidedより

我々日本人からしたらマギーが怒るのはわかるし、ファイヤーズの態度が悪く見えます。
しかし彼らの価値観から言えば、わざとじゃないんだから仕方がないだろうという感覚なのです。
ファイヤーズもスタントンの死球でかなり動揺しているし、元々ノーコンの投手だったわけですからね。
試合後にはもちろん謝罪をしていますが。

しかし、我々の価値観だったらわざとじゃなかろうが、頭を下げるしファイヤーズの態度は意外に見えますね。
まあ、だからこそ日本でプレーする外国人選手は態度が悪いと叩かれることも多いのですが。
何にしても今となっては引きずるような出来事ではないんですけどね。
スタントンも無事でよかったです。

スポンサードリンク

リード・ジョンソンの動画まとめ

スポンサード リンク