複数の球団で優勝に貢献した選手や、移籍先で優勝に貢献した主力選手を「優勝請負人」ということがあります。
シーズン途中に大物選手が動くMLBにおいては、NPB以上に優勝請負人がクローズアップされる傾向にありますが。
84年にインディアンスからカブスに移籍した、リック・サトクリフは歴史的な活躍で優勝に貢献しました。

スポンサード リンク

約半シーズンの活躍でサイ・ヤング賞を受賞

84年カブスの胴上げ投手となったリック・サトクリフ。

4勝5敗 防御率5.15と不調で、6月にインディアンスからカブスにトレード。
すると移籍後は16勝1敗 防御率は2.69と別人のようなピッチングで地区優勝に貢献しました。
しかもサイ・ヤング賞を受賞しているんだから、とんでもない活躍ですね!
89年にも16勝をあげカブスの優勝に貢献しています。

先日のリーグチャンピオンシップリーグ初戦では始球式に登場。
60歳ですが、しっかりとした球を投げていますね!
しかし、こうして偉大なOBの功績を振り返るのが上手いですねー。
カブスもこの日はドジャースに大勝でした!

スポンサードリンク

リック・サトクリフの動画まとめ