Pocket

16年限りでの引退も有力なライアン・ハワード
フィリーズ黄金期を支えたホームランバッターですが、近年の低迷の方が印象強くなってしまいましたね・・・。

こちらは04年に打ったMLB初ホームラン。
当時24歳ですが、ジム・トーミがいたためレギュラーにはなれず。
翌年トーミの故障で出番が回ると、新人王を受賞する活躍を見せました。

こちらは、まだ強打者だった09年に打った通算200号ホームラン。

そして12年に打った300号ホームランです。
当時はパワー特化型の選手と言えば聞こえはいいですけど、高年俸の割に合わずお荷物と化してしまっていました。
ハワードの契約が終了し、フィリーズとしてもようやく再建に向けて大きな一歩を踏むことができます。
若手も育っており、そう悪いチームでもないので来シーズンも楽しみですね!

スポンサードリンク

ライアン・ハワードのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク