ヤンキースと言えばチャレンジの成功率が異様に高いことで知られています。
初年度のチャレンジ成功率は8割超えです。笑(15年は7割超え)
16年は64%とトップクラスの成功率に変わりはありませんが、異様ということはありませんでした。

トニー・ペーニャコーチがベンチからサインを送っていますが・・・。
映像を確認しているんでしょうけど、これはどこの球団もやっていることですからね。
よくわかんないけどチャレンジ前に電話をしているのはどこでも見かける光景だし。
ヤンキースだけ異様に高いのは何か裏がありそうに思えてしまいますが・・・。

こちらのチャレンジもヤンキースが勝利。
タイミング的にはタッチが早いように見えなくもないですが、確かにタッチしておらずセーフですね!
まあ、チャレンジって単に判定がうんぬんだけじゃなくて、相手投手のペースを乱すために使うこともありますからね。
あとは選手が不満でチャレンジを要求したら、監督としてはチャレンジをしないといけなくなるし。
一概に成功率が高いからどうこうとは言えないですね。

スポンサードリンク

ヤンキースチャレンジのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク