Pocket

アメリカというと上下関係がないような印象がありますが、そんなことはなくてやはりあります。
ただ理不尽な上下関係がなかったり、監督やベテランをファーストネームで呼んだりと、日本の上下関係とは違うというだけとのことで。
また、派閥というと聞こえは悪いですけど、グループができることも当然あるようです。

mlbf_543461483_th_45
画像: mlb.comより

まずMLBの場合は多国籍なので、人種によるグループができます。
白人、黒人、ヒスパニック系、ラテン系など。
あとは主力組、ルーキー組など立場によってできるグループもあるようです。
主力組はチーム内での自分の立場が明確なので精神的な余裕があります。
ですが、ルーキーなど自分の立場が決まっていないというか、そもそもMLB昇格へ激しい競争があるのでライバル心もガチガチです。
特に日本人は恵まれている印象があるので、普段の生活から苦労している選手からしたら敵視されることもあるようで。

16997911-mmmain
画像: syracuse.comより

特に注目度の高い日本人選手になると、それだけ日本のマスコミの数も多くなります。
前回話したように、日本のマスコミが原因で日本人選手に対して悪い印象を持ってしまうことはあるわけで。
NPBでも大卒、高卒、出身校とか、いろいろ派閥があるそうですけど、そういうのはどこも一緒ってことですね。
ただまあ、日本と違ってそういう派閥が人事に影響するようなことはないんだと思いますが。

sdut-former-san-diego-padres-pitcher-20160822
画像: sandiegouniontribuneより

そういえば某球団本拠地の市長の息子がドラフト指名されて、任期終了とともに解雇されたって聞いたことがありますが。笑
地域密着型の球団ともなると、コネ採用みたいなこともあるのかな?

スポンサードリンク